子育て幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室・浜松駅前教室・浜松北教室 -

子育て

何となく分からなくて「子育てに迷っている」お母さんが多いようです

勉強会をしていると最近気づいたことがあります

子育てをしていて「なんとなく違和感を持って」子育てをしています

そんな方が意外に多いことに気づきます

よく聞くと
「子どものころお父さんもお母さんも忙しく遊んだ記憶がない」
「勉強ばかり厳しくて勉強をさせられた記憶しかない」

自分は、そんな子育てはいやだと思いながら気が付くと同じような子育てになっている事に気づいて分からなくなっているのです

【負の連鎖ですね】

なかなか抜けるのは難しい様です
頭ではわかっていてもついついイライラして

「注意が多くなっていたり」
「命令になっていたり」

本当は「見守るのが大事」「共感が大事」と分かっていてもなかなか難しいのです

こうしよう、こうなって欲しいじゃなくて

「どうなるのかな」
「どう成長するのかな」
「何して欲しいのかな」

愛情を伝えるのもうまく分からないそんな時

「抱きしめて」
「頑張りをほて」

「気持ちに共感すればいいのです」

いけないことしたら

「やりたい気持ちを共感して」
「怒らず止めて」
「周りの人の気持ちや感じ方を説明を一回して」
「後は、やりたい気持ちを共感します」

おさまるまで抱っこしてあげればいいのです
「きっと愛情が伝わります」
ちょっと試してみて下さい

子育てのポイントもしっかり指導させてもらっています

そんな勉強会をしています

下記の記事も参考にして下さい

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

出来た体験と出来る確認は対極にあります。出来ても出来なくても頑張ったが大事です

出来た体験と出来る確認は対局にあります

出来た経験は「やる気」「自信」「好奇心」を産みます。

反対に出来る確認は出来なくてはいけないと思い「不安」を産みます。

「出来る振り」「分かった振り」「良い子の振り」を頑張るようになります。

つまり伸びない子になるのです。

出来た経験を積ませる時一番気をつけないといけない事は

「出来る」「出来ない」にこだわらない事です。つまり出来ても出来なくても【頑張った】を褒める事が大事になります

どうして出来る確認が良くないのか

親は、お子さんの事が心配ですその心配が実はお子さんの自由を制限してやる気を奪って行くことが多いのです。つまり極端な言い方をするとお子さんの才能を摘んでいる事があるのです。

当然「出来る姿」「勉強してる姿」は親は嬉しいものです。

しかし親を喜ばせるために演じる子にしている事があるという事です。

お子さんと、どの様に接したらいいのか

お子さんの興味をもった事を一緒に楽しむ姿勢が大事になります。お子さんがやらない事も、親がやっている所を見せる聞かせるだけでも、お子さんは自分の経験にしてしまいます。

「どれだけ一緒に楽しめるかが大事で」

「興味をもった事を発展させて行く事が大事なのです」

幼児期に「出来た」「出来ない」は関係ないです。幼児期にいい事も悪い事も沢山経験して、親と一緒に楽しんで、好奇心の元、出来たを経験して行くことが大事です。

【大切なのは、お子さんが出来なくても親と一緒にやって出来たでも良いのです】

親のやっているのを見たでも効果があります。見たものは興味を持つと自分でやってみていつの間にか出来る様になっているものです

そんな付き合い方が、出来た経験(成功体験)を積むことが出来るのです。

逆にお子さんの才能を摘む付き合いかは

「出来るを求める」

「出来ないとイライラする」

「怒れてしまう」

そんな親の行動がお子さんの才能を摘むのです。

【出来ないのは、経験が足りないから経験を積ませればいいのです】

興味を持たないのは、やらされているが強く楽しくないからです

怒られると、褒められるためにやっているのにやる意味がなくなってやらなくなります。

【怒るに対しては、お子さんの脳にも悪い影響を与えています】

簡単に言うと、よく「何もしない」「何も興味がない」「出来ない」などでよく悩んでいるご父兄がいますが、実は親がそうしているのです。そこに気づかず、親の思い通りにならないことに怒れてしまう親が多い様な気がします。お子さんは親に与えられた環境でお母さん・お父さんに褒められるように、嫌われない様に頑張っているだけです。

うまく行っていないのは、親の対応が間違っているという事になります。

一度普段の対応を確認してみましょう

「十分情報を与えていますか?」

「親子で楽しんでできていますか?」

「出来た出来ないじゃなくて頑張ったを褒める事ができていますか?」

「お子さんにじっくり付き合う事ができていますか?」

そんな所を確認すると見えてくる事が多いと思います。

時々お子さんとの付き合い方を見直すのもいいと思います。

今頑張って付き合うとと小学生高学年には伸びます

必ず、「好奇心」旺盛で「やる気」があって「集中力」があるお子さんになって行きます。でも小学校4年生以降でいいのです

必ず後伸びする子に出会えます。

そんな子育てお教室一緒にやって行きましょう。

下記の記事も参考にして下さい

【伸びるお子さんにするには、幼児期の頑張った体験の積み重ねが大事です

【お教室のレッスンを始める年齢が早いほど成果を感じているようです】

【だんだん親の期待が先に立つ子育てになって悪循環に入る事が多いですね】

【脳科学の言葉だけ利用して、出来るを見せるパフォーマンス だけの幼児教室の噂を聞きます】

【その場しのぎの子育て指導ではなく、後伸びするには心を育てる方法が大事です】

【後伸びするお子さんにするには、お子さんの心を元気にする事がポイントです】

【「イヤイヤ期」「ダダコネ期」うまく乗り切り方が後伸びのポイントです】

【伸びている子と伸びていない子の違いが見えてくる】

【伸びるお子さんにするには、0歳〜1歳からの子育から始まっています】

【幼児期は出来るを確認せず伸び伸びと経験を積んで情報インプットで後伸びの子に】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

伸びるお子さんにするには、幼児期の頑張った体験の積み重ねが大事です

後伸びするお子さんにするには

「ダダコネ期」を上手に乗り切ったお子さんはお母さんに愛されている自信を持っています。

そんなお子さんは、インプットが全て情報となって脳に回路を作っていきます。そこに頑張った体験の積み重ねでよりいい回路ができていきます。

出来ても出来なくても

「頑張ったね」

でやる気のある子になります。

【勉強が当たり前の事に変わっていきます】

そして小学生以降

「記憶力」

「集中力」

「持続力」

「思考力」が育っていきます。

気をつけなければいけない事は

気を付けなくてはいけないのは出来ないと思わせない事です。

出来たら頑張ったを褒めて

出来ないときは、頑張ったを褒めて教えてあげて一緒に完成させて頑張ったを褒めていきます

一番いけないのは出来る出来ないにこだわり、出来る確認する事です。

お子さんは本当に自信が出てくれば誇らしげにやってくれます。それまで待ちます。

それに、他のお子さんと比べて出来ないとがっかりしたり怒ったりするとやはり自信のないお子さんになります。

お子さんの性格で少しでも出来るようになるとやってみせるお子さんと完全に出来ないとやろうとしないお子さんがいます。

それは性格なのでどちらでも能力には関係ないのです。無理させない事が大切です。

お子さんの性格によっても対応が変わるので詳しくは勉強会で指導していきます

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

そんな勉強会をしています。

下記の記事も参考にして下さい

【お教室のレッスンを始める年齢が早いほど成果を感じているようです】

【だんだん親の期待が先に立つ子育てになって悪循環に入る事が多いですね】

【脳科学の言葉だけ利用して、出来るを見せるパフォーマンス だけの幼児教室の噂を聞きます】

【その場しのぎの子育て指導ではなく、後伸びするには心を育てる方法が大事です】

【後伸びするお子さんにするには、お子さんの心を元気にする事がポイントです】

【「イヤイヤ期」「ダダコネ期」うまく乗り切り方が後伸びのポイントです】

【伸びている子と伸びていない子の違いが見えてくる】

【伸びるお子さんにするには、0歳〜1歳からの子育から始まっています】

【幼児期は出来るを確認せず伸び伸びと経験を積んで情報インプットで後伸びの子に】

【やはり幼児教育はアウトプットよりインプットです、あと伸びるお子さんになります】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

情報が氾濫しています、いい言葉を書くことは簡単です、でも実践することは大変です。

情報の見極めが大事です

最近感じるのは素晴らしいことを言う人は多いです。皆さんいろんな本や研修会で勉強塩ているので良いことは知っています

幼児教室で言っても、素晴らしいことを掲げてたり言っているところも多いです。その通りと思うことが書かれています。

「心を育てましょう」

「非認知スキルを育てます」

「能力を伸ばします」

その通り大切なことです。

でもどうやって、そこが指導できないと意味はないですよね

理論武装をしてなぜ大事かの説明ばかりで、どうやってがないのです。でも多くの方は、その通り素晴らしいと思ってしまうのですが、いざやらろうとした時どうやってと気づくのです。

多子の幼児教室はそこを出来るを見せて疑問をすり替えてしまう所が多い様です。基本が出来てないと小学生以降の伸びを犠牲にして今出来るを見せている様な教室もあると聞くことも多いです。もったいないですね、昔年長でお教室に来て、0歳からやってましたと意気込んで来ました、確かになんでも答えられるし暗所も覚えていました、

しかし小学生になると、お母さんの姿が見えなくなったら、暴れ回りだしたので

「それは良い事なの」と聞くと

「よくないでもいい」というのです

「どうして」と聞くと

「だったお母さんがいないもん」でした

出来るばかり求めて、叱って躾をしていたのです

レッスンが始まって、

「これ考えて」と言うと

「やった事ないから出来ない」と泣き出すのです

最後には「お母さんに教えてもらう」でした

「勉強は知らない事を分かるよにする事だよ」と言っても理解できませんでした

勉強は自分の為、分からないを分かるに変える事だと教えるのに6年かかってしました。

0歳からの勉強が無意味になっていました。

普通0歳から正しい教育・躾をすれば

小学4年生位から

一度聞いて一度見て覚えてしまいます。一回で理解する脳が出来上がるのですが全くできませんでした

幼児期の勉強の仕方・躾の仕方の大切さを実感した出来事でした

よくある例はどうやってと疑問が後でやってくる事です

後で、「あれどうやって」わからない自分が恥ずかしく思う方もいるかもしれません、でも考えてください、そんなお題目みたいな指導なら本を読めばいくらでも書いてあります。継続的に、心に寄り添って具体的なやり方が必要なのです。

それがなければできないのは当たり前です。

最近はお題目の様な言葉に踊らされてしまっている方が多い様です。

なんか良さそうに見えている時代ですかね、表面しか見えない方が多くなってませんか

やはり、継続的な行動ができる事が大事で、それを、心の目で見る事が大事だと思います。

気を付けなくていけない事

素晴らしい言葉は誰でも言えます

その場しのぎの言葉も誰でも言えます

それが、瞬時に湧いてくる人が素晴らしい人ではないのです

最近の政治家を見ていても、選挙の時は素晴らしいことを言っています。でも、実際にしている事はどうでしょう

「時間はかかるかもしれません」「直感的になるかもしれません」でも、言葉に惑わされない

心の目が必要な時代になっていくと思います

きっと、相手の行動を継続的に見ていればわかることも多いと思います

たくさん話すと、だんだん見えてくることも多いと思います

やはり人間の基本は心です。心の目で相手の心が見えるといいですね。表現が抽象的になってしまいましたが今一番感じています

勉強会は、個別でひらています。

下記の記事も参考にして下さい

【ダダコネをダダコネと思いたくない方が多い(眠たくないいですよ)】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ。

お子さんはお母さんの言葉をしっかり理解しています

お子さんは、言葉が喋れないけどその分感じる力は非常に強いのです

大人の言葉も80%90%は正確に理解していると言わています

長い間(21年間)、幼児教室をやっているといろいろな経験をさせてもらいます

2歳3歳になって、お母さんのお腹の中にいた時、お母さんが言った言葉を正確に再現してくれたり

0歳1歳で聞いたことを正確に再現してくれた事もあります

驚くのは、意味もしっかり理解している事です

6歳すぎると思い出せないよですが明らかに理解しています

お子さんは6歳くらいまでは、お母さんに

「愛される事・認められる事・褒められる事」

それが最大の目標になります

それを、利用した子育て・躾・教育は一見良さそうに見えます

6歳くらいで伸びた様に見えます

しかし、小学校3年生位から落ちて来たり、性格的に問題が出て来たりします

要は心が育っていないのです

悪く言うと洗脳や恐怖政治の様なものです

人間が優れているのは、心をコントロール出来るところです

「幼児期に無条件の愛情を受けて」

「自尊心を尊重され」

「出来る出来ないにこだわらない情報のインプット」が

非認知スキルを伸ばし、

「吸収力」「思考力」「行動力」がある子に育ちます。

行動力に関しては、性格にもよりますが高校生位までには出て来ます

脳の働きの良い子ほど、怖さを知っています。

小さい時は慎重なお子さんが多いよ言うです。

何も知らない人から見ると、弱く見えたり、行動力がなく見えたり

出来ない子に見える事がよくあります。

しっかり心を育て情報を入れたお子さんは穏やかなお子さんが多いので、小学生高学年や中学生位まで目立たない子も多いのです

女の子は成長が早いので、早くから力を発揮してくれる子も多いですが

基本は、性格に起因するので伸びた様に見える時期は個人差がとても大きです。

どうしても、親心で出来る確認をしたくなるものです。

しかしそれが明らかにお子さんの才能の目を摘んでいる事が多い様です。

出来るを見せよとする幼児教室が増えていますがそんなお教室では、性格的に強い子しか生き残れません

お子さんには、公平に伸びる才能を持っています。

お子さんの性格を考えたやり方が必要です

それ以前に

【無条件の愛情が必要です】

【出来る出来ないにこだわらない情報インプットが必要です】

後は、楽しくお子さんの成長を待てば良いのです

そのやり方を勉強会で詳しく説明しています

そんな子育てをしたお子さんは小学校高学年では当たり前の様に、一回見たり聞いたりしたことを覚えて理解しています

そんなお子さんを沢山見て来ました

そんなお子さんにお教室と一緒に育てて行きませんか?

勉強会でしっかり説明していきます

下記の記事も参考にして下さい

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

意外とわからないお子さんの本音

お子さんの本音難しいですね

お子さんの気持ちを分かるようになると当然子育ては楽になります

意外と、お子さんがお母さんのために

「頑張っていること」

「我慢していること」

が分からない様です

それを普通は

「ダダコネ」で「泣いて暴れる」

で心の調整をとっています

しかい最近お子さんたちを見ていると我慢しすぎてパンクしている子が結構います。

でも、ちょっとしたきっかけで爆発するので、お母さんは、何でこんなことでと思うようです

あまり理由がなくてちょっとしたきっかけの時の方を注意深く見てほしいのです

ちょっとした事でパンクした時の方が要注意です

多分いろんなこと頑張りすぎて限界を超えたからパンクして

「怒り出す」「泣き出す」

つまり「ダダコネ」が始まります

爆発した時どうするの

そんな時ほどやさしく、抱きしめ「いつもがんばって、偉いね」といってみてほしいのです

ほとんどのの子が「うなずいいて」「大泣き」します

それに根気よく付き合います。その怒りと付き合って頑張ってきた事をほめて、30分ぐらい抱きしめてあげます

それを、繰り返すとお子さんが少しずつ変わってきます。

「感情が出てきます」

「好奇心がでてきます」

「やる気が出てきます」

そして「穏やかになります」

最も小さいお子さんは「

突然怒り出す」「落ち着いた行動する」が半々です

次第に家と外を分けて行動する様になります

外では「落ち着いた行動をする」

おうちでは「突然怒り出す」が普通なのです。

それが4歳過ぎていくと段々と「落ち着いた行動」が多くなって行きます。

小学生でずいぶん大人になったと感じるものです。

気を付けたい事は

それが逆に、だんだんお子さんが大きくなると「お子さんへの要求ばかり」でお子さんと遊ばなくなり感情に付き合わなくなって行きます。

「もうでできるでしょ」

「もういい加減にできてよ」かな

「もちろんできるよ元気なら」でも

「幼稚園も何かと気を使って大変」

家でも「ママのご機嫌うかがって大変」

もう頑張れないよのサイン出していたのにお母さん気づいてくれない

友達と遊ぶのもいいけどでも「気も使って大変気をつかわず思いっきりママとも遊びたい」と思っていることも多いのです

【頑張っているご褒美に1日30分でもお子さんのペースで遊んであげたらきっとご機嫌で何でもできる様になります】

きっとそれをしてもらえなかったお子さんが、小学生になって心の成長していない、落ち着きのないお子さんになって行くのです。

お母さんの前だけで、先生の前だけで良い子を演じる事を一生懸命で後はやりたい放題ななったり、優しいお子さんだと何をして良いか分からず

「何もしない子」「出来ない子」になっていたりしています。

小学生になってからでは後は悪循環で大変です

こんな所を注意してみてあげてください

お母さんや先生に注意ばかり受けて何していいか分からなくなっている子見かけませんか?

それが幼児期の付き合い方だと気づかないものです。付き合い方や躾の仕方が間違っていたことに気づかずにお子さんを追い込んでいくのです。

心を育てるには、

【お子さんの気持ちを理解して共感して愛情を注ぐしかないのです】

一度やってみてください

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

下記の記事も参考にして下さい

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

【頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

泣くことは、大切なお子さんの自己治癒力

お子さんが泣くには泣く理由が必ずあります。

色々な所で良く見かける親子、時々いる大泣きしているお子さんに

「お母さんも大変なの、お願いだから泣かないで」

「体裁も悪いし」

でも、泣くには泣くだけの理由があります

それを

「おっぱいでごまかしたり」

「物でごまかしたり」

「怒って泣き止ましたり」

苦しさが全部お子さんの心に溜まっていきます

お子さんの心の中はどうでしょうか

ごれが負にエネルギーの一つでお子さんにとって

「ママ大変だよ」

「苦しいよ」

「疲れたよ」

「寂しいよ」

だったりします

それをごまかすとお子さんは

「おっぱいで我慢するんだね」

「それがママの願いなんだね」

「じゃ頑張る」

「お母さんのためだもん」

そこから負の連鎖が始まります

泣くことはお子さんの意思伝達手段です

結構小さなお子さんは、泣くことですべて処理しています。

「おなか減ったよ」

「暑いよ」

「痛いよ」

「怖いよ」

「疲れたよなど」

お母さんに助けを求めています。

やさしく泣き止むまで抱っこしてあげましょう。

愛情いっぱい伝わりますよ。

お母さんがどうして気づかないのでしょうか

でもお母さんの中にも、私もこうしてもらいたかったという心がふつふつしてできないときありますよね、

なんとなく鳴き声を聞くだけでイライラしてしまうときあります

それが、お母さんの幼少期の育てられかtによるトラウマが疼くのです

そこを理解する事によって少し理解できるようになります

無理な時はしっかり正直に話して待ってもらうのもいいと思います。

下の記事をさんっこ雨にしてください

【なぜ「ダダコネ」に付き合うのが大変なのか、どう付き合ったらいいのか】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

【頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ】

【幼児教育のポイントは、簡単に言うと無条件の愛情と豊富な情報かな】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。

簡単に言うと「泣く事は頑張り過ぎの合図」です

お子さんが泣くのは、ストレス発散なのです。お子さんの自己治癒力がしっかり働いていれば、心が苦しくなると何か泣くきっかけを作って泣きます。それが「ダダコネ」です。涙にストレスを解消する成分がある事が分かっています。つまりそれを使っていると考えるのが一番正しいと思っています。

しかし泣かれるのはお母さんの心が耐えられない事が多いのです。頑張って来たお母さんです。

するとお子さんが可哀想という言葉に変えて一生懸命あやして泣かせない様に頑張ります。

そこで考えてほしいのは、嫌な事やストレス一杯で泣いたとします。

その時

「泣くなと言われたり」

「何かおかしい事をして笑わせようとされたり」

そんな事をされるのと

「いつも頑張って大変だよね」

と言われて抱き締められているのとどちらがいいでしょうか?

と勉強会で質問すると必ず後者がいいと言われます。

しかしお母さんのしている事は前者です。

そこには気づくのですが、お母さんが小さい時がんばらされて来た方は、心が疼いて苦しくなるのです。そして無意識の間にあやしたり、誤魔化したりしているのです。

習い事に行くと泣く

こんな検索が非常に多いです。それは普段「ダダコネ」に付き合ってもらえていないので、心がパンク状態の子です。小さいお子さん程環境の変化に弱いのです。そこで心がパンクするのです。

も少し大きくなると、「ここなら泣いてもお母さん対応してくれる」となく子もいます。

ショッピングモールで泣いているお子さんも同じだと思います。お母さんの為に遊びたい気持ちを抑えて付き合ってくれるのですが、ある時突然心がパンクするのです。あるいは「ここで泣いてもみんな見ているからお母さん何も出来ないよね」だったりします。

原因は同じで、頑張り過ぎで心がパンク寸前の状態にいるのです。つまり「ダダコネ」の付き合いが下手か、お母さんの心が疼く方のお子さんです。

間違いなく小学生以降落ち着きのない子のレッテルを貼られるお子さんです。

後原因が同じで

「幼稚園で泣いてばっかり」

「小学校で泣いてばっかり」

人間関係はお子さんにとって経験が少ない所なので一番大変な場所です。だから心がパンクしやすのです。

普段からお子さんの心に寄り添って付き合う事が大事です

昔体験レッスンで、お教室の前で泣いて結局体験レッスンを受けられないお子さんがいました。あと残ってもらい状況を聞いて普段の付き合い方を説明したら、すごいしっかりレッスン受けてくれて吸収力のいいお子さんになりました。

基本は「ダダコネ」した時に

「大変だよね」「いつも頑張って偉いね」

と言って後は治るまで抱っこしてあげる事です。

細かくはその場面によって変わるので、勉強会やLINEで指導をしています。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

下記の記事も参考にして下さい

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

【頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ】

【幼児教育のポイントは、簡単に言うと無条件の愛情と豊富な情報かな】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです

男の子と女の子では子育てが変わります

お教室で見ていると女のお子さんは、意外と普通に接していれば上手くいくことが多い様です。お子さんの精神的強さによるので中には女のお子さんでも苦労している方はいます

でも男のお子さんは、どうも勝手がわからず苦労しているお母さんが多い様です。男の子も中には強いお子さんがいるのでなんとなく上手くいった様に見える子もいますが後で苦労するとこともよくある様です。

男の子の特徴は

基本的に、男の子はお母さが絶対で、嫌われないように一生懸命、それで疲れてしまっている子が多い様ですね。

それで「ダダコネ」が増えて悪循環にはまっています

男の子が強くなってくるのがどうも中学生の反抗期くらいから高校生くらいなので幼児期の付き合い方が大事になります。

なので、幼少期上手くいっていないと反抗期も上手く乗り越えられなく苦労している話はよく聞きますね。

女の子の特徴は

女の子は、お母さん絶対が少ないから結構自由、精神的にも強いから結構大丈夫の事が多い様です。

しかし厳しくしすぎて、イライラが明らかに見えているのに、頑張っている子がいます。小学生くらいから問題行動が出てくる事もあります

性格にもよりますが一般的にです。強いので上のお子さんが女の子で、下のお子さんが男の子でどうしたらいいか分からなくなっているお母さんが意外と多い様です。

上の子は上手くいったのに、どうしたらいいかわからないそんな声はよく聞きます

男の子の子育て気をつけることは

基本は、意外と男の子は、特に幼少期は「お母さんに嫌われないように一生懸命」

「ちょっと否定されて、自尊心が傷ついて立ち直れない」

もしくは「反発心で、ダダコネが始まる」

まだダダコネしてくれればいいけど優しいお子さんだと

「何もしない出来ないお子さん」になっている子もいます

経験的に言って、男のお子さんの強い子は2、3割だと思います

でも「否定されてイライラ」「怒られてイライラ」

落ち着きのないお子さんになっていくことが多い様です

特に男の子の「幼少期の付き合い方」で、伸びる子かどうか落ち着いたお子さんになるかどか決まってきます

幼少期は、

「好奇心を大事にして」

「自尊心を尊重して」

「出来る出来ないに拘らない」

「否定や命令で動かそうとしない事です」

それを共感と依頼にする事です。

度がすぎた時は、体で止めて共感して教える必要があります

これも参考にして下さい

【男の子の後伸びしたお子さんには、いくつかパターンがありますね】

[小見出し]女のお子さんで気を地蹴ることは[/小見出し]

女の子でも2、3割はやはり弱いお子さんがいます

そんなお子さんも気をつけて子育てしないと後が大変です

そこで基本に立ち戻り「自我を尊重し」「自尊心を大事にして」

「好奇心に付き合って」「自我で自分の心をコントロールする事を教える」「怒らない躾で良い悪いを教えてあげる」が大事になっていきます。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

下記の記事も参考にして下さい

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

【頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ】

【幼児教育のポイントは、簡単に言うと無条件の愛情と豊富な情報かな】

【子育て情報が氾濫していて、何を信じたらいいか困っている感じです。大事なのお子さんの心ですよ】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?

基本はお子さんの好奇心に付き合う事と自由にしてあげること

お子さんの勉強は自分の好奇心を満足するために始まっています。

それに付き合って情報を豊富にしてあげることが大切です。

注意が多い方が多いですね、それが動作を遅くしています

長い間、幼児教室をやっていて一番の問題点は「注意の多いお母さん」これが非常にマイナスです。お母さんは自然にしているのです。

お母さん自体が無意識なので自分が注意が多いと思っていない事が多いですね

多分お母さん自体もそうやって育ってきたのだと思います

なぜ動作が遅くなるのか

しかし注意が多いと「お子さんは明らかに自信がなくなります」

注意が多いと「あなたは出来ない子ねと暗示をかけている」のと同じなので「動作が遅くて」「処理速度も遅い」「考える力がない」そんなお子さんが出来上がります

見ているだけでかわいそうになります

お母さんが無意識だから「また遅い」と怒られたり「ちゃんと考えなさい」と怒られると

「また自信がなくなる」という悪循環が始まります

毎回勉強会をしても、また言われたで終わってしまうお母さんが多いですね。なかなか気づいてくれない事が多いのも事実です

気づいた時には遅いのです

小学4年生位になって、「先生のおっしゃていた通りでした」と言われる事もあります。せっかくの幼児教育が勿体無いですね

気づいてくれたお母さんの子は明らかに変わるのです

反対に「出来ると喜んで」「上手くいかなかったり」「遅かったり」で怒られていたらそれこそ何を信じたらいいかわからなくなります。

あるお母さんは1年前のホームビデオを見ていて自分の注意の多さに驚いて気を付けてくれました。そんなきっかけがないとなかなか気づかないのだろうと思います。

どこを気をつけたらお子さんが変わるか

それよりも、「これしてくれるかな」「これできるかな」と言いって見守ってあげる、そして少しの頑張りを褒める

自由にさせておいて、「そうしたかったんだね」と共感して「こうするともっといいよ」と教えてあげるだけでもお子さんは変わっていきます。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

下記の記事も参考にして下さい

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

【やはり幼児教育大事です、つまり幼児期教室が大事です、【もっと子育て指導が大事です】】

【HappyBabyコース(生後0ヶ月〜5ヶ月)からの幼児コース(6ヶ月〜)入室は伸びが違う】

【お母さんがお子さんの気持ちが分かって接すれば1週間で落ち着く子もいます】

【認知スキルと非認知スキルの違い、良い子と良い子を演じるの違いを理解できるか出来ないかが大きい】

【『お子さんのありのままを認める』事が大切です。しかし難しい様です】

【頑固なお子さんはいませんよ、頑固にしてますよ】

【幼児教育のポイントは、簡単に言うと無条件の愛情と豊富な情報かな】

【子育て情報が氾濫していて、何を信じたらいいか困っている感じです。大事なのお子さんの心ですよ】

【子育ては時代と共に変化している様ですが、基本は同じだと思います】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

Page 1 of 8812345...102030...Last »

教室情報

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室
  • 〒432-8065
    静岡県浜松市南区高塚町182-1

浜松西教室に体験申込み

浜松西教室TEL:053-449-1863

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松駅前教室
  • 〒430-0928
    静岡県浜松市中区板屋町678

浜松駅前教室に体験申込み

浜松駅前教室TEL:053-449-1863
(浜松西教室)

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松北教室
  • 〒434-0044
    静岡県浜松市浜北区内野4351

浜松北教室に体験申込み

浜松北教室TEL:053-449-1863
(浜松西教室)