幼児幼児教室 EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室・浜松駅前教室・浜松北教室 -

幼児

うまく「ダダコネ」に対応したら病気をしなくなったとよく言われます

なぜ「ダダコネ」を上手く対応すると病気が減るのか

「ダダコネ」には大きく2つの目的があります

●気持ちの切り替えの「ダダコネ」

●ストレス発散の「ダダコネ」

ストレス発散によって、自己治癒力・自己免疫力が上がるからだと考えられます。

お教室に入るときよく言われます「うちの子よく熱を出します」

お教室に入るとき

「うちの子よく熱を出すので通えるか心配なんです」

とおっしゃる方が多いですが、1年ぐらいすると

「そういえば1年間1回も熱を出さなかった」と言って驚かれます

なぜ熱を出さなくなったのでしょうか

なぜかとと言うと答えは簡単です

正しいダダコネの付き合い方をすれば自己治癒力・自己免疫力・抵抗力が上がるからです。

情報の吸収力も上がるのです。

当然集中力が高いお子さんになります。

正しく付き合えば、ストレスの発散の上手なお子さんいなります。

要は心が元気なお子さんになります。当然自己治癒力・自己免疫力が高いお子さんになるのです。

病気の大きな要素にストレスがあると思います。

だから病気にかかりにくいお子さんになるのです。

どこで「ダダコネ」の付き合い方を間違えるのか

ただ正しいダダコネの付き合い方にはコツがあります

それを、お母さんが受け入れられるかどうかになります

「よく怪我するお子さん」

「よく病気をするお子さん」

しっかり振り返ってみてもらうとダダコネをごまかしている方が多いです。ダダコネを抑えこんでいる方が多いのです。

小学生ぐらいになると落ち着きのない子というレッテルが張られます。そんなお子さん見かけませんか?

どのように「ダダコネ」に付き合えばいいの

そうならない様に、お子さんの心に寄り添って、共感して付き合ってあげる必要があるのです。

なので、「ダダコネ」をしっかり「ダダコネ」と理解してしっかり付き合うことが大事になります。

●「ダダコネ」はワガママではないのです

●「ダダコネ」は正常な心の自己治癒力の働きです

●共感して抱っこして落ち着くまで付き合ってあげる必要があるのです。

「ダダコネ」の付き合い方はコツがあります。なので勉強会を徹底して理解してもらえる様にしています。

しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

下記の記事も参考にして下さい

【「ダダコネ」と「しつけ」そして「後伸び」はセットだと思います】

【ダダコネをダダコネと思いたくない方が多い(眠たくないいですよ)】

【なぜ「ダダコネ」はおきるのか】

【「ダダコネ」の付き合い方を勘違いしている方が多い様です】

【お子さんのダダコネは重要な自己主張、うまく付き合うと楽しい子育てに変わります】

【小さいお子さんの元気の素が「ダダコネ」だった】

【「イヤイヤ期」「カンシャク」「ダダコネ期」は大事な心の成長の段階です】

【心の成長の証の「イヤイヤ」「カンシャク」「ダダコネ」この付き合い方が大切】

【「ダダコネ」でお子さんが泣くのは可哀想、いやいや泣きたいのを止めるのが可哀想】

【「ダダコネ」を「ワガママ」と思って育てられている お子さん多いですね。違いますよ】

【最近気になりますね、いつのまにか「イヤイヤ期」「ダダコネ期」の理解されていない方が増えている】

【やはりお子さんのダダコネは「恥ずかしい」「大変」なのかな?大事な心の成長ですよ。】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

後伸びる子にするには無条件の愛情が必要です

後伸びする子に育てるには

後伸びする子にする子に育てるのに大事な事があります

●無条件の愛情をお子さんに伝えること

●出来る出来ないにこだわらないこと

ここが基本になります

よく見かける間違った子育て

意外とよく見かけるのは、出来ることにこだわる方が多いですね。親心が勝ってしまうのですが、実はそれはマイナスにしか働きません。

なぜ出来るを求めると良くないのか

出来るを見せるには認知スキルを育てないと見えないので、一生懸命認知スキルを育てようとします。

確かに出来る様に見えますが、でも脳にはいい回路はできていないのです。

だから小学校3年で埋もれてしまう事が多い様です。よく聞く「3年生までは天才かと思った」という言葉に集約されています。

どうすれば後伸びするいい回路が出来るのか

幼児期にいい回路を作るコツは親子関係をよくする事が基本になります。

もっと簡単な言い方をすれば「愛されている自信を付けてあげる事ですが意外にこれが難しい様です。

ちょっとした事に感動してあげる、ちょっとした頑張りを褒めてあげることが大切です。

なぜ間違った方に行くのか

殆どの場合、無意識に条件はがついてくるのです。それが親心です。

「いい子なら大好き」「できる子なら大好き」お母さんの心が安心するからです。

でも本当は逆ですよね。

やはり出来る子にするために頑張っているお母さんが多いから、自分も愛されるために頑張ってきたから段々無意識に条件が付いていく、それがお子さんの能力を奪っていることに気づいていないのです。

お母さんはこんなに頑張っているのにあなたはなんでと怒れてくる様です。

無条件の愛情じゃなくて条件付きの愛情になっている事に気づかないのです。

それではどうすればいいのか

無条件で大好きだから「いい子になる」のです「出来る子になる」なるのです。

「どんどん吸収していく子」になるのです。

だから、今できるのではなく、お子さんの好奇心に感動して一緒に楽しんで好奇心を満足させてあげるといいのです。小さいお子さんは、出来る出来ないよりお子さんの好奇心を満たす情報を豊富にしてあげればいいのです。

出来ても出来なくても、頑張ったや好奇心をもったを褒めてあげればいいのです。

条件付きを無条件にするのは簡単そうで実は難しいので、しっかり意識する事が大事になります。

そんな勉強会しています

下記の記事も参考にして下さい

【0歳〜3歳の心の子育て教育が小学生以降生きていきます】

【幼児期(特に0歳から3歳)の大切さ知られていない様です。幼児教育は大切ですよ。】

【何か違いますね、4歳から6歳で出来るを見せるではなく 好奇心を発揮すると後伸びする子にはなります】

【出来た体験と出来る確認は対極にあります。出来ても出来なくても頑張ったが大事です】

【伸びるお子さんにするには、幼児期の頑張った体験の積み重ねが大事です】

【お教室のレッスンを始める年齢が早いほど成果を感じているようです】

【だんだん親の期待が先に立つ子育てになって悪循環に入る事が多いですね】

【脳科学の言葉だけ利用して、出来るを見せるパフォーマンス だけの幼児教室の噂を聞きます】

【その場しのぎの子育て指導ではなく、後伸びするには心を育てる方法が大事です】

【後伸びするお子さんにするには、お子さんの心を元気にする事がポイントです】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

お子さんが「なぜ泣くのか」「なぜ怒るのか」を理解して付き合うと落ち着いたお子さんになります

「泣く理由」「怒る理由」を理解すると落ち着いたお子さんに

お子さんが「泣くには」「怒るには」必ず理由があります

基本はお子さんの自己治癒力の働きで自分の心を守る為です

そこを理解すると落ち着いたお子さんになります

お子さんが泣いたり怒ったりする時はどうするか

頑張りすぎてもう限界になっていると、何かちょっとした事で怒って泣いて元の自分に戻ろうとします。

特にお母さんが泣かれるのが嫌な方、困ってしまう方の場合は、

「お子さんは基本お母さんに嫌われないように」

「普段泣かない様に頑張っています。」

「怒らない様に頑張っています。」

しかしお子さんはまだ成長段階です、我慢し続けることができないのです。だから爆発するのです。

なぜお子さんの「泣くのが」「怒るのが」受け入れられないのか

お母さん自体が、頑張ってきているからです。

厳しく育っていたり仕事が大変だったり心の余裕がなくお子さんが「泣いている姿」「怒っている姿」にイライラしてしまうのです。

特に自分がダダコネをさせてもらえなくて、勉強には厳しかったというお話はよく聞きます。その心が疼くのでイライラしてしまうのです。

どんな時に「泣いたり」「怒ったり」するのか

小さいお子さんは、

「ご飯嫌だ」

「歯磨き嫌だ」

「お風呂嫌だ」

と毎日必ずやることでダダコネが始まって怒ったり泣いたりすることが多いです。必ず必要だから怒りやすいのです

大きくなってくる、ともう少し高度になって、

「いつもと違うところに置いてあるとか」

「積み木がうまくいかないとか」

「お婆ちゃんが帰っちゃったとか」

いかにもそれらしいところでダダコネが始まります

幼稚園位になると、

「幼稚園行きたくないとか」

「お稽古行きたくないとか」

ダダコネしやすくて、絶対行かなければいけない時にします。じゃ休みなさいと言われると困ってしますのです。

【そう目的は怒って泣くことだからです】

泣いたり怒ったりする理由は

単純に頑張りすぎた心を元に戻すための自己治癒力の働きです

大人は、スポーツしたりお喋りしたりお酒を飲んだりお笑いを見たり自分の趣味に没頭したりしてストレスの発散をします。お子さんは、怒って泣く事くらいしかないのです。

怒り出したり泣き出したどうしたらいいの

その怒りや泣くのに付き合うしかないのです。付き合うことでお子さんは元の元気ないい子に戻ります。

どうやって付き合ったいいのか

付き合い方は、大変ですが、

1 まず共感して抱き締めます。

2 横抱っこしてお子さんの言い分を(泣を)共感して聞きます。この時の言葉には深い意味はないのです。知っている怒っているぞを表現を全て使います。大変なんだと理解してください。

3 親の体力も考えて30分位で縦抱っこにしてよしよしします

お子さんの性格によって多少変わりますが基本はそんなやり方でいいと思います。

4 明らかに理由が分かっている時は、それを共感して理由を感覚的に説明します

その繰り返しでお子さんはだんだん元気になっていきます

お子さんの頑張りの量や期間で、またすぐダダコネが始まったり、しばらく元気だったりしますがダダコネが出た時は限界だと思って付き合ってください

ダダコネに付き合うとどうなるの

お子さん本来の姿に戻ります。元気なお子さんは元気になります。穏やかなお子さんは穏やかになります。そこで出てきた姿が本当のお子さんの姿です。

よく言われるのは

●動き回って活発だと思っていたお子さんが実は落ち着いた穏やかなお子さんだった

●おとなしい引っ込み思案の子と思っていたのが実は活発で行動的な子だった

の様に今までと正反対の性格だったと言われます

お子さんお気持ち添ってあげて本来のお子さんにしましょう

お子さんの心が元気だとどうなるの

レッスンやおうちの取り組みがしっかり頭の中に回路となります

これは脳のシナプスの密度でも分かっています、しかしその力が見えるのは認知スキルが伸びてからなので今は見えにくいのです。

しかしここが大事なのです。

●明らかに吸収力が良くなります。そんなお子さんの小学生になってからの伸びはすごいのです。一回見たたり聞いたりした事を覚えて理解してしまいます

●落ち着いたお子さんになるので集中力が高くなります。だから1度聞いて覚えるに繋がるのです

●好奇心が旺盛になります。能力が高くなるのにはやはり好奇心が旺盛な事が大事な要素になります

そんなお子さんを見てみたいとは思いませんか?

しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

下記の記事も参考にして下さい

【「お子さんと遊ぶの苦手」「どうか関わったらいいか分からない」と思っていませんか?】

【「この子頑固なんです」と聞きますが頑固なお子さんはいませんよ、基本素直です】

【最近よく見かけますね、小学生で心の育っていないお子さん、多分幼児期に厳しく育ったのかな】

【安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環】

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

0歳〜3歳の心の子育て教育が小学生以降生きていきます

後伸びの心の子育ては0歳から始まっています

つくづく0歳1歳の教育の大事さ感じます

幼児教室をしていると0歳からいらっしゃる方が結構います

そんな子たちを見ていると2歳3歳位のお子さんを見かけたり

体験レッスンでいらっしゃっるお子さんとの違いがはっきり分かるものです。

お母さんの関わり方も大事なのでそこの指導も大きいと思います。

一番大きいのは、情報不足と思われるお子さんが時々います

その為に明らかに成長が遅いお子さんが見られます

でもそんなお子さんは入室1年ぐらいでかなり変わってきます

意外とお子さんとの関わり方分からないと言われます

もっと大変なのはお子さんとのかかわり方が分かっていないお母さんのお子さん、そんなお子さんは精神的に頑張りすぎているのが見える事があります。

こんな方は、まずは徹底的にかかわり方を勉強していただきます

お子さんとの関わりのわからない方は下記を参照してください

https://mbp-japan.com/shizuoka/eqwel-hamamatu/column/5118025/

お母さんのタイプによって違いますが1か月から6か月ぐらい実践して頂くとでお子さんが変わってきます

そうするとインプットが入りやすくなります

これが6歳過ぎてくると途端に、伸びるお子さんにするのが難しくなります。認知スキルが育ってしまうと変えるのが大変になります。

意外と見た目重視で心が見えてない事多いですね

ある程度読めて書けてで安心しているお母さんも多いですが

それは6歳から8歳で伸びる能力なので、心の成長の方が大切です

【小学校高学年で苦労なく伸びるお子さんは幼少期の関わり方でしっかり心の成長をしているお子さんです】

小学生高学年になって初めて気づくことなので幼少期の時は分かりにくいと思いますが

【0歳〜3歳の心の教育は大事になります】

0歳~17歳までいるお教室なので痛切に感じています

しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

下記の記事も参考にして下さい

【幼児期(特に0歳から3歳)の大切さ知られていない様です。幼児教育は大切ですよ。】

【何か違いますね、4歳から6歳で出来るを見せるではなく 好奇心を発揮すると後伸びする子にはなります】

【出来た体験と出来る確認は対極にあります。出来ても出来なくても頑張ったが大事です】

【伸びるお子さんにするには、幼児期の頑張った体験の積み重ねが大事です】

【お教室のレッスンを始める年齢が早いほど成果を感じているようです】

【だんだん親の期待が先に立つ子育てになって悪循環に入る事が多いですね】

【脳科学の言葉だけ利用して、出来るを見せるパフォーマンス だけの幼児教室の噂を聞きます】

【その場しのぎの子育て指導ではなく、後伸びするには心を育てる方法が大事です】

【後伸びするお子さんにするには、お子さんの心を元気にする事がポイントです】

【「イヤイヤ期」「ダダコネ期」うまく乗り切り方が後伸びのポイントです】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

お母さんが、子どもを信頼して待ちの子育てで伸ばす

待ちの子育てが大切です

やはり、6歳ぐらいまでの子育てはいかに、お子さんを信頼して
待てるかだと思います。

3歳ぐらいまでに

「お母さんに愛されている自信を付け」

「自我を思いっきり出して」

4歳くらいから
「自分で考え自分で判断して」
「自分の心をコントロールすること」を教えていきます

「すると好奇心にあふれ」

「チャレンジ精神あふれ」

「見た目には、危なっかしく見えたり」
「何を考えてるんだろうと思えたり」
「ついつい注意したくなったり」
「怒ったりしたくなりがち」

ですがそれを、見守って
危険なら「危ないよ」と言って止めるのではなく

「体で止めます」

「なぜ危ないかを教えてあげます」

「よくない事をしだしたら止めて」
「周りの人がどう思うか教えます」

5歳ぐらいになったら

「今のはいいかな」と聞いてみるのもいいと思います
後は、お子さんいに任せるか「体で止める」
お母さんにできることはつかれたお子さんを
「いつもよく頑張ったね」と褒めて

「一緒に遊んであげて」
「たくさん抱きしめてあげて」
「たくさん本を読んであげて」
「たくさんお話してあげて」
また明日頑張って幼稚園にいけるエネルギーの補充してあげることです

意外と、「どうせ幼稚園で遊んでいるだけでしょ」と思っている方も多いけどこれが意外と「小さい社会」になっていて、ちゃんと

「人間関係があって」
「我慢があって」
「ぶつかり合いがあって」
ちゃんと、社会勉強してますよ

お父さんお母さんが会社で疲れてくるようにお子さんも結構疲れてきてますよ
お子さんの性格にもよりますが多かれ少なかれ、頑張っています
「しなさい」じゃなくて
「してくれるかな」で
「良くやってくえれたねお母さん助かったよ」
だったり、
「やめなさい」じゃんくて
「それかっこ悪いな」
「こうした方がかっこいいよ」
だったり
そんな言い方で後はどうするか、どう考えるかはお子さんいまかせてじっと見守ると良いのです

そうすると意外と
【何でもできる人間力にあふれた子に育ちます】

成長の早い子だとちょっとテレが入ってなかなか動かない観察型の子もいますがしっかり見守ってあげるとちゃんと出来る子になります

なかなか理解まで時間がかかると思うけどお教室と一緒に頑張りましょう。

そんな勉強会をしています

下記の記事も参考にして下さい

【「この子頑固なんです」と聞きますが頑固なお子さんはいませんよ、基本素直です】

【最近よく見かけますね、小学生で心の育っていないお子さん、多分幼児期に厳しく育ったのかな】

【安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環】

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

「お子さんと遊ぶの苦手」「どうか関わったらいいか分からない」と思っていませんか?

なんとなく違和感を持って子育てをしているけど分からない

そんな方が意外に多い様に思います

どうやってお子さんんと関わったら良い分からない

何を考えているか分からないという声をよく聞きます

そんな方によく聞くと

子どものころお父さんもお母さんも忙しく遊んだ記憶がない

勉強ばかりに厳しくて勉強をさせられた記憶しかない

自分は、そんな子育てはいやだと思いながら気が付くと同じような子育てになっている

当然自分の経験が出てきてしまう負の連鎖ですね

いつの間にか間違った子育てに陥っている

なかなか抜けるのは難しい。頭ではわかっていてもついついイライラして口うるさくなっていったり、命令になってしまう

本当は見守るのが大事と分かっていてもついつい注意している

そんな方は、親の願望を達成する事がいつの間にかお子さんの為に置き換わっていませんか、本当にそうでしょうか?

どうしたら良い子育てに変えられる

一度お子さんの真似して遊んでみたら気づくかもしれません

きっと、子どものころそうしたかったんじゃないかなと

一日、何やるか黙ってみてみたら結構面白かもしれません

お子さんのしたい事、興味を持つ事が見えてくるかもしれません

自然とお子さんがやりたい事見えてきます

するとお子さんはどうなるのかな、どう成長するのかな、何してほしいのかなとみてみるのも良いと思います

すると自然と関わり方が見えていきます。

お子さんの興味を持つことを広げてあげる事が大切です

興味を持った事の情報を豊富にして、親も一緒に楽しむ事が大切です

よく聞きます愛情の伝え方が分からない

愛情を伝えるのもうまく分からなければ抱きしめてほめればいいのです

いけないことしたら怒らず止めて感覚的に説明を一回して後は、やりたい気持ちを共感して抱っこしてあげればいいのです

それで結構愛情は伝わるものです

ちょっと試してみてください

お教室しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

下記の記事も参考にして下さい

【「この子頑固なんです」と聞きますが頑固なお子さんはいませんよ、基本素直です】

【最近よく見かけますね、小学生で心の育っていないお子さん、多分幼児期に厳しく育ったのかな】

【安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環】

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

「この子頑固なんです」と聞きますが頑固なお子さんはいませんよ、基本素直です

お子さんは基本素直です、関わり方で頑固にしています

よく聞きます「うちの子頑固なの」

お母さん同士の話で「うちの子頑固で困るの」よく出てきますがもともと頑固な子いませんよ。頑固にしてしまっていますよ。

どうして頑固み見えるのでしょう

頑固に見える子の多くは

「まだ上手にアピールできない子」

「おとなしくて、いいたいこと言えない子」

そんな子の精一杯の自己アピールなのです

まず何をしたら良いのか

「何かを訴えたいとき」

「自分の考えと違う時」

「頑張りすぎちゃっている子」何かしら原因がありますそれを探ってみてください

お子さんの気持ちが分かって共感することで途端に変わることがよくあります

具体的にはその子その子で違うので反応を見ながらになりますがまず抱っこして「いつも頑張って偉いね」といって抱きしめてみてください

それだけでも変わっていきます

対応を覚えると

お教室でもよく言われるのですが本当はすごく素直な子であることを証明してあげるのですごく驚かれます

頑固なお子さんはいませんよ

色々トライしてみてください。

必ずお母さんに伝えたいことが隠れています。

それを分かって共感してあげるだけで変わることも多いのです

そんな勉強会を個別でしたいます。

下記の記事も参考にして下さい

【最近よく見かけますね、小学生で心の育っていないお子さん、多分幼児期に厳しく育ったのかな】

【安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環】

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

最近よく見かけますね、小学生で心の育っていないお子さん、多分幼児期に厳しく育ったのかな

よく見かける様になった、幼稚園より幼い行動をする小学生

原因の一つとして躾と間違って、初めから何もさせないや叱って止めてしまう。

躾と間違って、初めから何もさせないや叱って止めてしまう。

特に感性で生きている幼少期にそんな子育てをしてしまうと、何をやっていいか何をやってはいけないのかの判断がつかなくなります。

どうして判断能力がなくなるのか

幼児期はいい事も悪いことも沢山経験して、お母さんにいい悪いを感覚的な言葉で教えてもらう事で判断能力が付きます

同じ様に注意が多いお母さんも、経験を奪ってしまうので基準がお母さんになって行きます。お母さんがいないとやってみたかった事をなんでもやり出します。幼児期なら可愛くも見えますが流石に小学生がやるとびっくりされますよね。

でもお母さんの前では怒られない様にいい子を演じてしまうので意外と気づかず、幼稚園や小学校の先生に言われても信じない方が結構多い様です。

やはり愛情が大事

やはりお子さんの心を育てるのに一番大切なのは親の愛情です。

愛情がうまく伝わっている子の小学3年生以降の伸びは驚くものがあります。もちろんインプットは必要ですが。

叱る躾での失敗している方もいます

いい子に見えるのが躾だと思っている方も多い様ですがいい子を演じる子を育ててしまって、悪賢いお子さんになっているケースがあります。10年以上昔の生徒で勉強会で躾の仕方を一生懸命やりましたが、自分はこう育てられて今うまく行っていると言って、とにかく叱る躾を通した方がいました、やはり小学生で凄いいじめっ子(先生にはいい子を演じてで陰で凄いいじめをしていた)という事で学校で問題になってしまいました。

どうして悪い躾になるのか

これはかなり極端な例ですが、基本親がやっている事は正しいと判断するので、よく怒るのをみている子は、他のお子さんを怒ります。よく注意されてきたお子さんは、お友達に注意をします。大変なのは注意することが正しい事なので自分は守ることをしません。当然お友達関係がうまく行きません。

表面だけいい人をする親だと、返事だけいい子だったり知らないうちに変な躾になっている事が多い様です。

お子さんに愛情をかけていたつもりが、悪い見本を見せてしまう事になって返ってうまく愛情が伝わらなかったという例は、多かれ少なかれあると思います。

良い躾・心を育てる躾はどうしたら良いのか

ある程度は親の育った環境もあるので仕方がありませんが、気をつけられる面は多くあると思います。

1 まず共感をして、お子さんの行動を受け入れる。許容範囲ならやらせて、「いい事じゃないね」と教える

2 4歳以降や許容範囲を超えたものは、共感しながら止める。なぜ止めたか感覚的な言葉で教える。泣いて怒ったり騒いだら治るまで抱っこしてあげる。

3 時間のある時は、お子さんと楽しく遊ぶ時間を増やす。日曜日はお子さんに付き合う日など決めてもいいと思います。

4 抱きしめるや、甘えてきた時は出来る範囲で付き合う

5 お勉強は基本楽しくやる、出来る出来ないではなく基本インプットのつもりで教えていくが基本で、出来ても出来なくても頑張りを褒める事が大事になります。お子さんは認められたと思い自信に繋がっていきます。当然やる気も出ますよね。

そんな事の積み重ねで愛情を感じるものです。

そんな勉強会を個別でしたいます。

下記の記事も参考にして下さい

【安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環】

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

安心したいお母さんと期待に応えたいお子さんの悪循環

期待に応えたいお子さん

子どもたちを見ていると、時々不思議に思うことがあります。

特に幼児期お子さんに見られることですが

「みんなの前でいい子」しているお子さん

「出来るを見せてくれる」お子さん

お母さんを、安心させるため頑張っています

余裕のある子は頑張って期待に応えてくれます

それが本当の姿なのでしょうか?

なぜ期待に応えるのが良くないのか

周りの、お子さんを見ていると

「頑張っていい子できている子」と

「もう頑張りすぎで、できない子がいます」

その2通りのお子さんがいます

成長の「早い子」「遅い子」の違いもありますが大きいのは

「家で、何でも言えるお子さんて愛されている自信があるお子さん」と

「家でも頑張っているお子さん」の違いなのです

「いい子して、愛されようとしているお子さん」それはお子さんの本能ですが環境でいい方向にも悪い方向にもいきます

原因は、いろいろありますがお子さんは、共通して頑張っています

ただ、何に頑張っているかお母さんには分かりにくいのです。

それは

「お母さんに褒めてもらうため」

「お母さんに愛してもらうため」

愛されている自信がある子はちゃんと、愚痴が言えているから頑張れます

ではどうしたらいいか

もっとお子さんのそのままの姿を

「お子さんを見守ってあげて下さい」

「自由にしてあげて下さい」

「ダダコネに共感して付き合って下さい」

「好奇心を褒めて下さい」

「やる気を褒めて下さい」

心が元気になれば期待に応えてくれます

ポイントになるのは

期待に応えられる状態にしてあげるのは【親の無条件の愛情を伝える事】です

なぜ愛情が伝わらないのか

意外にお子さには伝わっていないことが多い様です

ついつい「注意が多くなってしまう」

つい「怒っ言うことを聞かせようと」してしまう

お母さんの願望の姿の子になるよに注意することが多い様です

どこを直せばいい

もっとお子さんの気持ちに寄り添って

「共感しながら導いてあげれば」頑張れる子になると思います

いい子育ての結果は、後でついてきます

先に、結果を求めるから悪循環に、入っていきます

「ありのままを受け入れられたら」きっと楽になるります

そんな勉強会をしています

下記の記事も参考にして下さい

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

何となく分からなくて「子育てに迷っている」お母さんが多いようです

勉強会をしていると最近気づいたことがあります

子育てをしていて「なんとなく違和感を持って」子育てをしています

そんな方が意外に多いことに気づきます

よく聞くと
「子どものころお父さんもお母さんも忙しく遊んだ記憶がない」
「勉強ばかり厳しくて勉強をさせられた記憶しかない」

自分は、そんな子育てはいやだと思いながら気が付くと同じような子育てになっている事に気づいて分からなくなっているのです

【負の連鎖ですね】

なかなか抜けるのは難しい様です
頭ではわかっていてもついついイライラして

「注意が多くなっていたり」
「命令になっていたり」

本当は「見守るのが大事」「共感が大事」と分かっていてもなかなか難しいのです

こうしよう、こうなって欲しいじゃなくて

「どうなるのかな」
「どう成長するのかな」
「何して欲しいのかな」

愛情を伝えるのもうまく分からないそんな時

「抱きしめて」
「頑張りをほて」

「気持ちに共感すればいいのです」

いけないことしたら

「やりたい気持ちを共感して」
「怒らず止めて」
「周りの人の気持ちや感じ方を説明を一回して」
「後は、やりたい気持ちを共感します」

おさまるまで抱っこしてあげればいいのです
「きっと愛情が伝わります」
ちょっと試してみて下さい

子育てのポイントもしっかり指導させてもらっています

そんな勉強会をしています

下記の記事も参考にして下さい

【させる子育てではなく、自分でする子を育てる子育てをしたいものです】

【お子さんを信頼するところから子育ては始まっている】

【形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります】

【子育てに大事なポイントは、愛情を注ぐ事その為には共感力が大事です】

【怖いですね、動物を調教するよな子育て、お子さんは喋れないけど心はお母さんと変わらないですよ】

【外とわからないお子さんの本音】

【検索ワードを見るとお子さんが泣く事に敏感になっている様ですが、原因はシンプルです。】

【女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです】

【動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?】

【よく聞く言葉「この子眠たいんです」違いますよ、頑張りすぎてますよ】

【お子さんの気持ちを間違えると反発に、気持ちをわかってあげると素直になります】

お教室では、お子さんの心の勉強会や後伸びするお子さんにする為の勉強会に力を入れています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えています。

要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

Page 1 of 9112345...102030...Last »

教室情報

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室
  • 〒432-8065
    静岡県浜松市南区高塚町182-1

浜松西教室に体験申込み

浜松西教室TEL:053-449-1863

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松駅前教室
  • 〒430-0928
    静岡県浜松市中区板屋町678

浜松駅前教室に体験申込み

浜松駅前教室TEL:053-449-1863
(浜松西教室)

  • EQWELチャイルドアカデミー浜松北教室
  • 〒434-0044
    静岡県浜松市浜北区内野4351

浜松北教室に体験申込み

浜松北教室TEL:053-449-1863
(浜松西教室)